読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

「われわれは幸福を発明した」

見よ!わたしはあなたがたに“おしまいの人間”(末人)を描いて見せよう!

 『愛とは何か? 創造とは何か? 憧れとは何か? 星とは何か?』 ── 末人はそう尋ねて、まばたきする。
 そのとき地球は小さくなっている。小さな地球の上に、すべてを小さくする末人がぴょんぴょん飛び跳ねている。この種族は蚤のように根絶しがたい。末人はもっとも永く生き延びる。
 『われわれは幸福を発明した』 ── 末人たちはそう言って、まばたきする。
 彼らは暮していくのに厳しい土地を見捨てた。なぜなら暮していくには温みが必要だからである。そのうえ隣人を愛して、隣人に体をこすりつける。温みが必要だからである。
 病気になることと不信を抱くこととは、彼らにとっては罪である。彼らは歩き方にも用心深い。石に躓く者、あるいは人に躓く者は愚者とされる!
 ときどき少量の毒を用いる。それは快い夢を見させてくれるからである。そして最後に大量の毒を用い、快き死に至る。
 彼らもやはり働く。働くことは慰みになるからだ。しかしこの慰みが身を損ねるこねることがないように気をつける。
 彼らはもはや貧しくなることも、富むことない。どちらも煩わしすぎるのだ。誰ももう統治しようとしない。誰ももう服従しようとしない。どちらも煩わしすぎるのだ。
 牧人は存在しない。存在するのはただ一つの畜群だけである! 誰でもみな平等を欲し、誰でもみな平等である。それに同調できない者は、すすんで気違い病院に入る。
 『昔は世の中全部が狂っていたのだ』 ── そう洗練された人士は語り、まばたきする。
 彼らは怜悧であり、世に起こったいっさいについて知識をもっている。だから彼らの嘲笑の種子はつきない。彼らもやはり争いはする。しかしすぐに和解する。さもなければ、胃をそこなうことになるからだ。
 彼らはささやかな昼の快楽、ささやかな夜の快楽をもっている。だが健康をなによりも重んじる。
 『われわれは幸福を発明した』 ── 末人たちはそう言って、まばたきする ──

ツァラトゥストラは、かく語りき(西尾幹二 訳)。


清水富美加さん電撃引退へ 『幸福の科学』に専念、個人アカウント開設か」(産経新聞
 → http://www.sankei.com/entertainments/news/170212/ent1702120004-n1.html
清水富美加さん、事務所との契約解除 出家の意向」(朝日新聞
 → http://www.asahi.com/articles/ASK2D44TNK2DUCVL002.html


人は永遠に真理を探すが、真理は永遠に実在しない。

 人は永遠に真理を探すが、真理は永遠に実在しない。探されることによつて実在するけれども、実在することによつて実在することのない代物です。真理が地上に実在し、真理が地上に行はれる時には、人間はすでに人間ではないですよ。人間は人間の形をした豚ですよ。真理が人間にエサをやり、人間はそれを食べる単なる豚です。

── 坂口安吾(『余はベンメイす』)

カール・セーガン 科学と悪霊を語る

カール・セーガン 科学と悪霊を語る

偶像の黄昏・アンチクリスト (イデー選書)

偶像の黄昏・アンチクリスト (イデー選書)