読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

ブラックムーン

「10月は『ブラックムーン』…1日と31日に見られる『珍しい天文現象』とは?」(IRORIO)
 → http://irorio.jp/umishimaakira/20160930/354609/

ブラックムーン」という現象をご存じでしょうか。


ひと月に2度の新月

ブラックムーン」は新月がひと月に2度ある現象のことだそうです。

満月がひと月に2度ある月が「ブルームーン」と呼ばれることは、ご存知の方も多いかもしれません。

月の周期は約29.5日。つまり、29.5日に1度、満月や新月となります。

そのため、たいていはひと月に1度の満月、新月が稀に、ひと月に2回見られる(新月は見られませんが…)ことになります。


10月1日と31日が新月

その現象が2016年10月1日と31日に起こります。

国立天文台によると10月の月は以下のようになっています。


国立天文台


前回のブラックムーンは2014年の3月でした。次回は2019年と見られています。


定義は4つ

この「ブラックムーン」という言葉は、最近世に出てきた言葉だそうです。

ですから、定義についてもまだ定まっていないとのこと。

ブラックムーンの定義には「ひと月に2回の新月」のほかにも以下の3つがあるようです。

2度目の新月となる31日は、奇しくもハロウィンと同じ日ですね。


夜になったら、星をながめておくれよ。
新月の夜は星が良く見える。

 夜になったら、星をながめておくれよ。ぼくんちは、とてもちっぽけだから、どこにぼくの星があるのか、君に見せるわけにはいかないんだ。だけど、そのほうがいいよ。きみは、ぼくの星を、星のうちの、どれか一つだと思ってながめるからね。すると、きみは、どの星も、ながめるのがすきになるよ。星がみんな、きみの友だちになるわけさ。

── サン=テグジュペリ『星の王子さま』