読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

生きよ堕ちよ!

今晩からNHK「100分 de 名著『堕落論坂口安吾
 → http://www.nhk.or.jp/meicho/

「生きよ堕ちよ」というセンセーショナルなメッセージを掲げ、敗戦直後、未曾有の国土荒廃と価値観の崩壊に直面していた日本人たちに強烈な衝撃を与えた一冊の本があります。「堕落論」。太宰治と並び「無頼派」と呼ばれた戦後文学の旗手、坂口安吾(1906-1955)が書いたエッセイです。「100分de名著」では、敗戦直後と同じく、既存の価値観がゆらぎ、生きる座標軸を見失いつつある現代、「堕落論」に新しい角度から光を当て、「生きるとは何か?」「暮らしに根ざした真の文化とは何か?」をあらためて見つめなおします。

「堕落」という、元来マイナスのイメージで使われてきた言葉を前面に打ち出して、坂口安吾が訴えようとしたメッセージとは何だったのでしょうか? 安吾は、闇屋になった元特攻隊員や新しい恋人を得た寡婦などを例に挙げ、彼らが「堕落した」と映るのは、「硬直した道徳規範」を通してみるからであり、実際には、敗戦によっておしきせの道徳規範が崩壊した結果、人間性が解放され、人間が本来もっていた「地」が現れてきただけだ、と喝破します。むしろ、私たちをがんじがらめにしてきた古い価値観をはぎとるためには、一度、徹底して堕ちきることが必要だと説くのです。「堕落」こそが人間本来の在り方であり、人間がその本来の生命力のままに生きていくための原点であると訴える安吾。その思想を象徴するのが「戦争に負けたから堕ちるのではないのです。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ」という言葉です。

堕落論」を、戦後を代表する日本文化論と高く評価する研究者、大久保喬樹さんは、坂口安吾を「それまでの日本文化の在り方を徹底的に批判し、それを乗り越えて、新たな日本文化の在り方を求めようとした稀有な作家」と考えます。そして、形骸化、硬直化した伝統文化を病的な事態と見なし、文化以前の混沌とした生のエネルギー、野生のダイナミズムをぶつけてゆさぶることで活性化しようとしたのが「堕落論」という著作だったと分析します。

番組では、大久保喬樹さん(東京女子大学教授)を指南役として招き、坂口安吾が掘り下げていった思想を分り易く解説。エッセイ「堕落論」だけでなく、続編となる「続堕落論」、それらの応用編でもある「日本文化私観」なども合わせて読み解くことで、安吾の思想にこめられた【日本人論】や【日本文化論】【生き方論】などを浮き彫りにします。また、第四回には、芥川賞作家の町田康さんをゲストに招き、安吾が現代の私たちに残したものを探っていきます。


第1回 生きよ堕ちよ

【放送時間】
2016年7月4日(月)午後10:25~10:50/Eテレ(教育)
【再放送】
2016年7月6日(水)午前5:30~5:55/Eテレ(教育)
2016年7月6日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
大久保喬樹東京女子大学教授)
比較文化研究者。 著書に「日本文化論の系譜」など。
【朗読】
青木崇高(俳優)
連続テレビ小説ちりとてちん」、大河ドラマ龍馬伝」などに出演。
敗戦直後、未曾有の国土荒廃と価値観の崩壊にさらされていた日本人は、生きるよすがを求めてさまよっていた。そこに彗星のように現れたのが「堕落論」だ。それまで日本人を縛ってきた価値観の一切を否定し、そこから解放されるべきことを説いて、坂口安吾は一躍時代の寵児となった。なぜ「堕落論」はここまで人々の心を魅了したのだろうか? 安吾は、それまでマイナスのイメージで使われてきた「堕落」という言葉をプラスに転化し、なりふりかまわず生き抜こうとする生のエネルギーを人間の本来の在り方として肯定してみせる。安吾は、古い価値観から解放される処方箋を「堕落」という言葉で提示したのだ。第一回は、「堕落」という言葉に込められた、既存の価値観にしばられない自力で道を切り開いていく生き方を学んでいく。


堕落論
『堕落論』、『続堕落論』より抜粋)

 半年のうちに世相は変った。醜(しこ)の御楯(みたて)といでたつ我は。大君のへにこそ死なめかへりみはせじ。若者達は花と散ったが、同じ彼等が生き残って闇屋となる。ももとせの命ねがはじいつの日か御楯とゆかん君とちぎりて。けなげな心情で男を送った女達も半年の月日のうちに夫君の位牌にぬかずくことも事務的になるばかりであろうし、やがて新たな面影を胸に宿すのも遠い日のことではない。人間が変ったのではない。人間は元来そういうものであり、変ったのは世相の上皮だけのことだ。

 あの偉大な破壊の下では、運命はあったが、堕落はなかった。無心であったが、充満していた。猛火をくぐって逃げのびてきた人達は、燃えかけている家のそばに群がって寒さの煖をとっており、同じ火に必死に消火につとめている人々から一尺離れているだけで全然別の世界にいるのであった。偉大な破壊、その驚くべき愛情。偉大な運命、その驚くべき愛情。それに比べれば、敗戦の表情はただの堕落にすぎない。

 終戦後、我々はあらゆる自由を許されたが、人はあらゆる自由を許されたとき、自らの不可解な限定とその不自由さに気づくであろう。人間は永遠に自由では有り得ない。なぜなら人間は生きており、又死なねばならず、そして人間は考えるからだ。政治上の改革は一日にして行われるが、人間の変化はそうは行かない。遠くギリシャに発見され確立の一歩を踏みだした人性が、今日、どれほどの変化を示しているであろうか。

 人間。戦争がどんなすさまじい破壊と運命をもって向うにしても人間自体をどう為しうるものでもない。戦争は終った。特攻隊の勇士はすでに闇屋となり、未亡人はすでに新たな面影によって胸をふくらませているではないか。人間は変りはしない。ただ人間へ戻ってきたのだ。人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。

 戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。

 人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。

 人間の、又人性の正しい姿とは何ぞや。欲するところを素直に欲し、厭な物を厭だと言う、要はただそれだけのことだ。好きなものを好きだという、好きな女を好きだという、大義名分だの、不義は御法度だの、義理人情というニセの着物をぬぎさり、赤裸々な心になろう、この赤裸々な姿を突きとめ見つめることが先ず人間の復活の第一の条件だ。そこから自分と、そして人性の、真実の誕生と、その発足が始められる。

 先ず裸となり、とらわれたるタブーをすて、己れの真実の声をもとめよ。未亡人は恋愛し地獄へ堕ちよ。復員軍人は闇屋となれ。堕落自体は悪いことにきまっているが、モトデをかけずにホンモノをつかみだすことはできない。表面の綺麗ごとで真実の代償を求めることは無理であり、血を賭け、肉を賭け、真実の悲鳴を賭けねばならぬ。堕落すべき時には、まっとうに、まっさかさまに堕ちねばならぬ。道義頽廃、混乱せよ。血を流し、毒にまみれよ。先ず地獄の門をくぐって天国へよじ登らねばならない。手と足の二十本の爪を血ににじませ、はぎ落して、じりじりと天国へ近づく以外に道があろうか。

 堕落自体は常につまらぬものであり、悪であるにすぎないけれども、堕落のもつ性格の一つには孤独という偉大なる人間の実相が厳として存している。即ち堕落は常に孤独なものであり、他の人々に見すてられ、父母にまで見すてられ、ただ自らに頼る以外に術(すべ)のない宿命を帯びている。

 善人は気楽なもので、父母兄弟、人間共の虚しい義理や約束の上に安眠し、社会制度というものに全身を投げかけて平然として死んで行く。だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠野(こうや)を歩いて行くのである。悪徳はつまらぬものであるけれども、孤独という通路は神に通じる道であり、善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや、とはこの道だ。キリストが淫売婦にぬかずくのもこの曠野のひとり行く道に対してであり、この道だけが天国に通じているのだ。何万、何億の堕落者は常に天国に至り得ず、むなしく地獄をひとりさまようにしても、この道が天国に通じているということに変りはない。

 人間の一生ははかないものだが、又、然し、人間というものはベラボーなオプチミストでトンチンカンなわけの分らぬオッチョコチョイの存在で、あの戦争の最中、東京の人達の大半は家をやかれ、壕にすみ、雨にぬれ、行きたくても行き場がないとこぼしていたが、そういう人もいたかも知れぬが、然し、あの生活に妙な落着(おちつき)と訣別(けつべつ)しがたい愛情を感じだしていた人間も少くなかった筈で、雨にはぬれ、爆撃にはビクビクしながら、その毎日を結構たのしみはじめていたオプチミストが少くなかった。

 生々流転、無限なる人間の永遠の未来に対して、我々の一生などは露の命であるにすぎず、その我々が絶対不変の制度だの永遠の幸福を云々し未来に対して約束するなどチョコザイ千万なナンセンスにすぎない。無限又永遠の時間に対して、その人間の進化に対して、恐るべき冒涜ではないか。我々の為しうることは、ただ、少しずつ良くなれということで、人間の堕落の限界も、実は案外、その程度でしか有り得ない。人は無限に堕ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない。何物かカラクリにたよって落下をくいとめずにいられなくなるであろう。そのカラクリをつくり、そのカラクリをくずし、そして人間はすすむ。堕落は制度の母胎であり、そのせつない人間の実相を我々は先ず最もきびしく見つめることが必要なだけだ。

坂口安吾 - Wikipedia』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%AE%89%E5%90%BE
坂口安吾デジタルミュージアム』 http://www.ango-museum.jp/

堕落論・日本文化私観 他二十二篇 (岩波文庫)

堕落論・日本文化私観 他二十二篇 (岩波文庫)