NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

中也忌

思へば遠く来たもんだ

十二の冬のあの夕べ

港の空に鳴り響いた

汽笛の湯気(ゆげ)は今いづこ


雲の間に月はゐて

それな汽笛を耳にすると

竦然(しようぜん)として身をすくめ

月はその時空にゐた


それから何年経つたことか

汽笛の湯気を茫然と

眼で追ひかなしくなつてゐた

あの頃の俺はいまいづこ


今では女房子供持ち

思へば遠く来たもんだ

此の先まだまだ何時までか

生きてゆくのであらうけど


生きてゆくのであらうけど

遠く経て来た日や夜よるの

あんまりこんなにこひしゆては

なんだか自信が持てないよ


さりとて生きてゆく限り

結局我がン張る僕の性質さが

と思へばなんだか我ながら

いたはしいよなものですよ


考へてみればそれはまあ

結局我ン張るのだとして

昔恋しい時もあり そして

どうにかやつてはゆくのでせう


考へてみれば簡単だ

畢竟ひつきやう意志の問題だ

なんとかやるより仕方もない

やりさへすればよいのだと


思ふけれどもそれもそれ

十二の冬のあの夕べ

港の空に鳴り響いた

汽笛の湯気や今いづこ

── 中原中也(『在りし日の歌』)

昭和12年(1937年)10月22日 中原中也 没


中原中也記念館』 http://www.chuyakan.jp/


中原中也詩集 (新潮文庫)

中原中也詩集 (新潮文庫)

 中原中也は、十七の娘が好きであつたが、娘の方は私が好きであつたから中也はかねて恨みを結んでゐて、ある晩のこと、彼は隣席の私に向つて、やいヘゲモニー、と叫んで立上つて、突然殴りかゝつたけれども、四尺七寸ぐらゐの小男で私が大男だから怖れて近づかず、一米(メートル)ぐらゐ離れたところで盛にフットワークよろしく左右のストレートをくりだし、時にスウヰングやアッパーカットを閃かしてゐる。私が大笑ひしたのは申すまでもない。五分ぐらゐ一人で格闘して中也は狐につまゝれたやうに椅子に腰かける。どうだ、一緒に飲まないか、こつちへ来ないか、私が誘ふと、貴様はドイツのヘゲモニーだ、貴様は偉え、と言ひながら割りこんできて、それから繁々往来する親友になつたが、その後は十七の娘については彼はもう一切われ関せずといふ顔をした。それほど惚れてはゐなかつたので、ほんとは私と友達になりたがつてゐたのだ。

── 坂口安吾(『酒のあとさき』)

あらゆることを疑つてみたまへ

 あらゆることを疑つてみたまへ。人事のすべてに猜疑の眼をむけてみたまへ。そして自己の不正を徹底的にやつつけてみたまへ。どうしても疑ひえぬことは、ぼくたちがかうして大地のうへに日々を生きてゐるといふ事実であらう。なにを不正であるときめつけるにせよ。不正なくしてはいけぬといふ事実であらう。ぼくたちは正義をとるか生命をとるかといふ二者択一のまへに立たされてゐるのである。

── 福田恒存(『白く塗りたくる墓

日本への遺言―福田恒存語録 (文春文庫)

日本への遺言―福田恒存語録 (文春文庫)

ハムレット (新潮文庫)

ハムレット (新潮文庫)

一日一言「世の中の不思議」

十月二十日 世の中の不思議


 今日は恵比須講といって、商売繁盛を祝う日である。何事も栄え繁盛するには、自分自身の努力であるというのは、安政三年(西暦一八五六年)の今日亡くなった二宮尊徳の教えである。


  杣(そま)が深山に入って木を伐るのは、木材が好きにて伐るにあらず。炭焼が炭を焼くのも、炭が好きにて焼くにあらず。夫れ杣も炭焼も、其の職業をさへ勉強すれば、白米も自然と山に登り、海の魚も里の野菜も、酒も油も皆自ら山に登るなり。奇々妙々の世の中なり。

二宮尊徳

── 新渡戸稲造(『一日一言』)

 風呂のお湯を、手で自分の方へかき寄せれば、みんな向こうの方へ流れていく。逆に向こうの方へ押してみると、こっちに流れてくる。これが世の道理である。


(これは、「自分のことだけ考えて、幸せを手に入れようとしても、かえって自分のところからは逃げていく。逆に他人のことを考えて、他人の幸せを願い行動すると、結果的に自分も幸せになることができるのである」という意味です。他者に手を差し伸べ、他者のことを第一に考えた尊徳の気持ちがよくわかります。)

── 二宮尊徳のことば(『13歳からの道徳教科書』

13歳からの道徳教科書

13歳からの道徳教科書

対訳・代表的日本人

対訳・代表的日本人

Björk

i-d.vice.com

www.interviewmagazine.com

Utopia

Utopia

一日一言「細心大胆」

十月十八日 細心大胆


 気が弱くては物事は成功しない。精神を強くして勇気を持てば、おおかたの物事には負けない。百の鬼が襲ってきても、なんのこれしきのこと思ってにらめば、鬼は意外と弱いものである。だが、こちらが弱みを見せれば調子にのって襲うのが鬼どもの戦略である。


  気は強く決心堅く慾薄く
      こゝろは細く肝は太かれ

── 新渡戸稲造(『一日一言』)


帝国海軍、次士官心得!

  • 次室士官は一艦軍規風紀の根元、士気元気の源泉たることを自覚し、青年の特徴元気と熱、純心さを忘れずに大いにやれ。
  • 宏量大度精神爽快なるべし。狭量は軍隊の一致を破り、陰鬱は士気を沮喪せしむ。急がしい艦務の中にのびのびした気分を決して忘れるな。細心なるはもちろん必要なるも「こせこせ」することは禁物なり。
  • おずおずして居ては何も出来ぬ。図々しいのも不可なるも、さりとておずおずするのは尚見苦しい。信ずるところをはきはき行っていくのは我々にとりもっとも必要である。

── 『次室士官心得』

『2014年05月27日(Tue) 海軍記念日』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20140527


海軍の「士官心得」―現代組織に活かす

海軍の「士官心得」―現代組織に活かす

一日一言「心を入れかえる」

十月十六日 心を入れかえる


 天が下した災難は、これに耐えることはできるが、これから逃れることはできない。自分から招いたわざわざいは心にしみわたるが、これをなくすことはできる。自らの決心一つでなくすことができるわざわいをどうして永い間ひきずっている必要があるのか、すみやかにわざわいのもとを心の中から取り除いて心を入れかえるべきである。


  火の車作る大工はなけれども
      身より作りて独り乗り行く


── 新渡戸稲造(『一日一言』)


良寛さん

災難に逢う時節には災難に逢うがよく候

死ぬる時節には死ぬがよく候

是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候

良寛記念館』 http://www.ryokan-kinenkan.jp/


NHK 美の壺 良寛の書 (NHK美の壺)

NHK 美の壺 良寛の書 (NHK美の壺)