読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

一日一言「男らしきは優しいこと」

一月二十七日 男らしきは優しいこと


 承久元年(西暦一二一九年)今日は、源実朝が無残にも殺された日である。文武の道に秀だ青年であった右大臣実朝は、他の人々の怨みの犠牲になって、はかなくも殺されたけれど、彼の想いのほどは、その和歌に込められており、その自然観、その人生観は、男らしくて柔軟で、潔く忠実な志は、今なお、人の心の励みとなる。


   大海の磯もとどろに寄する浪
       われて砕けてさけて散るかも

   山は裂け海はあせなん世なりとも
       君に二心(ふたごころ)我があらめやも

源実朝>  

── 新渡戸稲造(『一日一言』)

惜別 (新潮文庫)

惜別 (新潮文庫)

金槐和歌集 (岩波文庫)

金槐和歌集 (岩波文庫)


フリードリヒ・フォン・シラーに曰く、

勇敢なる男は、自分自身のことは最後に考えるものである。