読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

真理とは、退屈なものである

机の前の日めくりニーチェ
今日は14日。

若者たちは興味深いものや
突飛なものを愛し、
それが正しいか間違っているかには、
無関心である。
より成熟した精神は、真理の中でも
興味深く突飛なものを愛する。
完全に成熟した頭脳は、
ついには、地味で質素に見えるので
普通の人にとっては退屈なものでしか
ないようなことでも、真理を愛する。
なぜなら彼らは気付いているからである。
真理というものは
単純に語られるのが常だからである。

── (『人間的、あまりにも人間的な』


「正気であることは、狂気であることよりもはるかにドラマチックなものである」

正統派保守思想家、チェスタトンは言います。

 正統は何かしら鈍重で、単調で、安全なものだという俗信がある。こういう愚かな言説に陥ってきた人は少なくない。だが、実は、正統ほど危険に満ちたものはほかにかつてあったためしがない。正統とは正気であった。そして正気であることは、狂気であることよりもはるかにドラマチックなものである。正統は、いわば荒れ狂って疾走する馬を御す人の平衡だったのだ。ある時はこちらに、ある時はあちらに、大きく身をこごめ、大きく身を揺らせているがごとくに見えながら、実はその姿勢はことごとく、彫刻にも似た優美さと、数学にも似た正確さを失わない。

── G.K.チェスタトン『正統とは何か』

正気と狂気の間―社会・政治論

正気と狂気の間―社会・政治論

ニーチェ全集〈5〉人間的、あまりに人間的 1 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈5〉人間的、あまりに人間的 1 (ちくま学芸文庫)

日めくり ニーチェ

日めくり ニーチェ