読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

こころよからぬものは...

自戒のことば


  こころよからぬものは──


ことばの多き、口のはやき さしで口
手がら話 へらず口
唐(から)ことばを好みてつかふ
おのが意地をはりとほす
もの知り顔のはなし
この事すまぬうちにかの事いふ
くれてのち其の事人にかたる
返すといひて返さぬ
にくき心をもちて人を叱る
悟りくさき話 ふしぎばなし
神仏のことかろがろしくさたする
親切げにものいふ
人にものくれぬさきにその事いふ
この人にいふべきをあの人にいふ
鼻であしらふ にげごとをいふ
はなしの腰をおる おどけのかうじたる
おのが得手にかけていふ
ぐちたはごと
あらかじめものの吉凶をいふ
つげごとの多き 口上のながき
ひとつひとつ数へたててものいふ
みだりに約束する
しもべを使ふに言葉のあらき
客の前に人を叱る いらぬ世話をやく
口を耳につけてささやく
をろかなる人をあなどる
かたことを好みてつかふ

── 良寛  

  • よくしゃべる、早口、余計な口を挟む
  • 自慢話 減らず口(ああ言えばこう言う)
  • よその国の言葉を好んで使う
  • 意地っ張り
  • 知ったかぶり
  • 終わらぬうちに次の話をする
  • ものをあげたあと、そのことを他人に話す
  • 返す返すと言いつつ返さない
  • 憎しみの心で人を叱る
  • 悟った風な話 怪しい話
  • 神仏を軽々しく扱う
  • 親切なふりで話す
  • 人にものを渡さないうちにその事を言う
  • 当人に言うべき事を他人に言う
  • 鼻であしらう、逃げ事を言う
  • 話の腰を折る 悪ふざけが過ぎる
  • 自分の得意なことにかけて言う
  • 愚痴戯言
  • やる前から善し悪しを決めてかかる
  • 告げ口が多い 前置きが長い
  • 一々あげつらってものを言う
  • 安請け合いをする
  • 目下に対して汚い言葉を使う
  • 他人の前で叱る 余計なお節介
  • ひそひそ話、陰口
  • 無知な人を侮る


今日は良寛忌。(天保2年1月6日没)


良寛記念館』 http://www.ryokan-kinenkan.jp

うらを見せ

おもてを見せて

散るもみぢ

── 良寛  


良寛さんのうた

良寛さんのうた

風の良寛 (文春文庫)

風の良寛 (文春文庫)