読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

『星の王子さま』

「「今だから読み返したい本シリーズ」第1弾『星の王子さま』」(『しくじり先生 俺みたいになるな!!テレビ朝日
 → http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/backnumber/32/

星の王子さま』は、1943年に出版され世界200以上の国と地域で翻訳出版されている名作作品。この物語を中田先生が独自の見解で紐解き、教訓を導いていきました。
物語に登場する6つの星は、それぞれあるものの象徴であり、人が人生で溺れがちなものだと中田先生は解説。そして運命の人とは突然出会うものではなく、相手を大切にしながら過ごした時間が少しずつ相手を“運命の人”にしていくということを教えてくれました。

「2016年05月21日(Sat) おとなは、だれも、はじめは子どもだった。」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20160521
「2016年02月02日(Tue) 『星の王子さま』の真実」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20160202
「2013年11月28日(Thu) おとなの人というものは、そんなものです。」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20131128
「2013年04月15日(Mon) Le Petit Prince」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20130415
「2007年04月04日(Wed) 実業屋さん」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20070404
「2006年04月04日(Tue) 内藤濯と『星の王子さま』」 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20060404


小さな王子は言います。

 あんたたち、ぼくのバラの花とは、まるっきりちがうよ。それじゃ、ただ咲いているだけじゃないか。だあれも、あんたたちとは仲よくしなかったし、あんたたちのほうでも、だれとも仲よくしなったんだからね。ぼくがはじめて出くわした時分のキツネとおんなじさ。あのキツネは、はじめ、十万ものキツネとおんなじだった。だけど、いまじゃ、もう、ぼくの友だちになっているんだから、この世に一ぴきしかいないキツネなんだよ。

 あんたたちは美しいけど、ただ咲いているだけなんだね。あんたたちのためには、死ぬ気になんかなれないよ。そりゃ、ぼくのバラの花も、なんでもなく、そばを通ってゆく人が見たら、あんたたちとおんなじ花だと思うかもしれない。だけど、あの一輪の花が、ぼくには、あんたたちみんなよりも、たいせつなんだ。だって、ぼくが水をかけた花なんだからね。覆いガラスもかけてやったんだからね。ついたてで、風にあたらないようにしてやったんだからね。ケムシを ── 二つ、三つはチョウになるように殺さずにおいたけど ── 殺してやった花なんだからね。不平もきいてやったし、じまん話もきいてやったし、だまっているならいるで、時には、どうしたのだろうと、きき耳をたててやった花なんだからね。ぼくのものになった花なんだからね。

── サン=テグジュペリ『星の王子さま』

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま バンド・デシネ版 (Le Salon des livres)

星の王子さま バンド・デシネ版 (Le Salon des livres)

「かんじんなことは、目に見えない」と王子さまは、忘れないようにくりかえしました。

── サン=テグジュペリ(『星の王子さま』)