読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

現代日本人生活心得

現代日本人生活心得

五箇条の注文

  • 迷信は重んずべし
  • 正義の主張は犯罪と心得べし
  • 頭の切換へは軽々に行ふべからず
  • 流行語を用ゐるべからず
  • 民は由(よ)らしむべし知らしむべからず

── 福田恆存(『福田恆存評論集〈第7巻〉常識に還れ』)


平成6年(1994)11月20日 福田恆存 没

翻訳家にして劇作家であり、戦後最大の保守思想家。

安吾ニーチェと並ぶ我が精神の三本柱の一つ。

 その人の性格にもよるでしょうが、私は絶望というものがあらゆるものの出発点だと思うのです。人間というのは絶対孤独であって、人と人との間に最終的には架ける橋はないというのが私の人間観です。人間はエゴイスティックなもので、本当は自分のことだけしか考えていないのだということを、一度痛切に見つめることが大切です。そうすると、人間というものは非常に悪いもののように思われますが、私はそのエゴイズムというものが、生きる力、生命のエネルギーだと思います。

── 福田恒存『人間の生き方、ものの考え方 学生たちへの特別講義』

人間・この劇的なるもの (新潮文庫)

人間・この劇的なるもの (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)

 福田恒存は私にとってたいへん重要な人物です。「世界は一つ」とか、「絶対的な理念」のようなものに傾倒しそうになったとき、常に福田が私の襟首を掴んで止めてくれるのです。

── 中島岳志(『kotoba 20号』)

現代の超克 本当の「読む」を取り戻す

現代の超克 本当の「読む」を取り戻す

中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義

中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義

じゃあ、北大の先生に聞いてみよう―カフェで語る日本の未来

じゃあ、北大の先生に聞いてみよう―カフェで語る日本の未来