読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

怨親平等

靖国神社会津藩など『賊軍』も合祀を 亀井静香石原慎太郎両氏が申し入れ」(産経新聞
 → http://www.sankei.com/politics/news/161012/plt1610120024-n1.html

 亀井静香元金融担当相や石原慎太郎東京都知事らが12日、東京・九段北の靖国神社を訪れ、西南戦争で倒れた西郷隆盛戊辰戦争で敗れた旧幕府軍など「賊軍」とされた戦没者を合祀するよう徳川康久宮司に申し入れた。

 亀井、石原両氏らを呼び掛け人に、自民党二階俊博幹事長や中曽根康弘元首相、村山富市元首相ら政界関係者のほか、稲盛和夫京セラ名誉会長ら財界人も賛同者になっている。

 申し入れ書では「賊軍と称された方々も、近代日本のために志をもって行動した」とした上で、「過去の内戦においてお亡くなりになった全ての御霊を合祀願う」としている。

 亀井氏は申し入れ後、記者団に「(合祀は)世界の中で日本が平和を発信をしていく基本になる」と語った。靖国神社側は「ただちにそういたしますとは言えない」と述べたという。

「『西郷隆盛新選組靖国合祀を』 石原氏らが申入書」(朝日新聞
 → http://www.asahi.com/articles/ASJBD5HRTJBDUTFK017.html
靖国明治維新の『賊軍』合祀を 亀井、石原氏ら要請」(日本経済新聞
 → http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE12H0K_S6A011C1PP8000/


怨親平等という言葉がある。

日本には古来、敵も味方も平等に弔う風習があった。
元寇の際には元の戦死者をも弔ったという。また、島原の乱においては異教徒であるキリスト教徒も弔った。
敵国であろうと、異教徒であろうと、平等に弔うのが日本の怨親平等である。



幕末、各々が各々の立場において己を捨てて命がけで戦ってきた。
勝者の歴史だけが歴史ではない。

幾人の 涙は石にそそぐとも その名は世に 朽ちじとぞ思ふ

── 松平容保

会津武士道 (PHP文庫)

会津武士道 (PHP文庫)

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト