読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

賢治忌

 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。
 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

── 宮沢賢治(『注文の多い料理店』序)


昭和8年(1922)9月21日 宮沢賢治 没。
今日は賢治忌。
そして今年は生誕120周年。
「賢治の辞世と秋祭りとの関係は?生誕120年の賢治忌」(tenki.jp)
 → http://www.tenki.jp/suppl/miyasaka/2016/09/21/15751.html


『2016年の宮沢賢治―科学と祈りのこころ』(北海道立文学館) http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html

行かないと。


宮沢賢治記念館』 http://www.city.hanamaki.iwate.jp/sightseeing/kenjimm/
宮沢賢治記念会』 http://www.miyazawa-kenji.com/
『2005年08月04日(Thu) 「3日目」』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20050804


宮沢賢治詩集 (岩波文庫)

宮沢賢治詩集 (岩波文庫)

注文の多い料理店 (新潮文庫)

注文の多い料理店 (新潮文庫)