読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

一日一言「実が入ると稲はうつむく」

九月四日 実が入ると稲はうつむく


 人は、自分のしてきたことは立派に見え、自分が経験した苦しみは大きく思うものである。これは他のことを何も知らないためで、他人の仕事をけなす者も、自分が仕事をしたことのない者のくせである。実際に成功した人は自分の手柄を人には言わず、人が苦心したことをほめるものだ。人間はたとえ出世したとしてもうぬぼれたり、のしあがってはならない。


  物事の目に立つことは悪しきぞや
      上手といふは音も香もなし

  実が入ると稲はうつむく人は身が
      重うなる程のしあがるなり

── 新渡戸稲造(『一日一言』)


古人に曰く、「実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。」と。
器の大きな人間ほど腰が低いものであるし、小さな人間ほど自分を大きく見せたがるものである。


noblesse oblige.

『2013年05月18日(Sat) noblesse oblige』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20130518