読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

一日一言「視線を空に」

七月七日 視線を空に


 地上のことのみにこだわっていないで、たまには空にも目を向けるとよい。太陽や月などの天体は、焚き火や提灯の代用品ではない。日が照ると暑いとか、雲がかかれば寒いとか、月が出ると明るいとかいうだけで、それ以上のことを知らないのは、天体が自分に語りかけてくれている「声」を聞いていないからである。


  たなばたのまれの契りは名のみにて
      つきぬまことの悟とぞ聞く


明治天皇御製〉
  天の原満ちたる星の影消えて
      月の光になれる空かな

── 新渡戸稲造(『一日一言』)


今日は七夕。
夜になったら、星をながめておくれよ。

 夜になったら、星をながめておくれよ。ぼくんちは、とてもちっぽけだから、どこにぼくの星があるのか、君に見せるわけにはいかないんだ。だけど、そのほうがいいよ。きみは、ぼくの星を、星のうちの、どれか一つだと思ってながめるからね。すると、きみは、どの星も、ながめるのがすきになるよ。星がみんな、きみの友だちになるわけさ。

── サン=テグジュペリ『星の王子さま』