読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

『行動することが生きることである』

自分の貧乏なぞに気にしないで、とにかく生きていくチャンスを探しに、一歩前進する、構わず歩き出して見る。

そういうのが好きです。

── 宇野千代『行動することが生きることである』

ぼくも、そういうのが好きです。
貧乏も、見栄もプライドもかなぐり捨てて。
とにかく生きるチャンスと探しに歩き出す。一歩前進する。とにかく構わず歩き出してみる。
行動することが生きることである。


平成8年(1996)の今日は、宇野千代さんの命日。

『行動することが生きることである』より厳選25言。
名言の宝庫です。

  • 人間の考えることは、その人の行動によって引き出されることが多い。
  • 自分から進んでその中に這入っていくことによって、私は傷つかないことを覚えた。
  • 何事をするにも、それをするのが好き、と言う振りをすることである。それは、単なるものまねでもいい。すると、この世の中に、嫌いなことも、また嫌いな人もいなくなる。
  • 悪口を言わない、ということは、そう難しいことではない。悪口を言うと、気持ちが悪い。私はただ、気持ちの悪いことはしないだけなのだ。
  • 恋とか愛情とか言うものは、そこにないものを見る心の作用のことなのだ。
  • 人はその人自身の思っているほど、自分の嫌いな、自分に不似合いな行き方はしないものである。
  • 人には信じられないことだけれど、言って見れば、私は、何か困ることがあって、それを少しずつ直して行くのが好きである。
  • 人間というものは、一旦覚悟を決めたとなると、どんなことでも出来るものです。
  • どん詰まりの状態になったときに、私ならどうするのか、と言うことをお話しましょうか。 私なら、自分が最後に下した判断を、絶対に信じる、と言うことです。
  • 人間は自分の可厭(いや)なことは決してしないものだ。
  • 人間は、ちょうど自分の見ようとするもの、自分の聞こうとするもののほかは、理解しないものだ。
  • 人間は自分の作った観念に支配されるのが好きだ。
  • 人と言うものは面白いもので、自分の思っていることを人に話したりするたびに、どうしてもこのことを実行したい、と切実に思うよになる。
  • 人はその持っている能力によって失敗する。
  • おかしなことですが、自信のない人間は、褒められた事柄に対しても、また新しい不安を持つものであり得ると言うことです。
  • 人間は誰でも、自分が平静であると言う状態を装って、それで生きて行く。
  • 人間というものは、他愛もないことであればあるほど、腹を立て、それを止めないことがある。
  • しかし、一ぺん人に笑われたら、あとは笑われた者の得だ。
  • やりきれない状態と言うものは、その当人がやりきれないと思う分量が多ければ多いほど、やりきれない形になる。平気でいれば或る程度、平気になれるものである。
  • 人間と言う動物は、何事にも飽きるものである、と言うことをお忘れなく。
  • 真の友だちに対しては残酷になりたい、と私はそんなことを思ったのでした。
  • 未練の感情くらい、人を愚かに、そして弱々しくさせるものはない。
  • 人は、自分の好きなことをするためにする少しばかりの苦労は、心にかけぬものである。
  • どんなことでも一生懸命でやっていると、とても面白くなるものです。
  • 自分の貧乏なぞに気にしないで、とにかく生きていくチャンスを探しに、一歩前進する、構わず歩き出して見る。そういうのが好きです。

宇野千代の札幌時代を歩く』 http://www.tokyo-kurenaidan.com/uno-chiyo1.htm#unochiyo3
淡墨桜と根尾谷断層』 http://sakura5.net/neo/


11年前に立ち寄った錦帯橋

『2005年08月16日(Tue) 「15日目」』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20050816
『2005年08月02日(Tue) 「旅に出ます」』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20050802

 お国はどちらです?と訊かれると、「岩国です、あの錦帯橋の」と答えるのが私の癖である。いつ帰ってみても錦川の水は澄んでいる。魚がおよいでいるのがよく見える。春夏秋冬の錦帯橋は、それぞれに美しいが、桜のころの錦帯橋は、特に大好きである。この錦帯橋をわたるたびに、私は何ともいえない幸福な気持ちになる。いくら自慢しても自慢しきれないほどの気持ちになるのである。

── 宇野千代

薄墨の桜 (集英社文庫)

薄墨の桜 (集英社文庫)