NAKAMOTO PERSONAL

空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。

中也忌

思へば遠く来たもんだ十二の冬のあの夕べ港の空に鳴り響いた汽笛の湯気(ゆげ)は今いづこ 雲の間に月はゐてそれな汽笛を耳にすると竦然(しようぜん)として身をすくめ月はその時空にゐた それから何年経つたことか汽笛の湯気を茫然と眼で追ひかなしくなつ…

「直哉忌」

「10月21日は近代文学の『長兄』志賀直哉の命日『直哉忌』です」(teank.jp) → http://www.tenki.jp/suppl/kous4/2017/10/21/26681.html 坪内逍遙の「小説神髄」によって西洋文学のnovelが「小説」と名づけられて以来、「文豪」と称される小説家は現代に至…

登山者路上駐車「困った」塩谷丸山

「登山者路上駐車『困った』 小樽・塩谷丸山 住民『買い物諦めたことも』」(北海道新聞) → https://www.hokkaido-np.co.jp/article/139623/ 週末に小樽市内外から多数の登山者が訪れる人気の低山、塩谷丸山(629メートル)で、登山口近くの路上駐車に住…

日本を貶める日本人

「【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/171019/clm1710190003-n1.html 日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない。地中海の島国マルタで、地元の女性記者が殺害された。車に…

一日一言「細心大胆」

十月十八日 細心大胆 気が弱くては物事は成功しない。精神を強くして勇気を持てば、おおかたの物事には負けない。百の鬼が襲ってきても、なんのこれしきのこと思ってにらめば、鬼は意外と弱いものである。だが、こちらが弱みを見せれば調子にのって襲うのが…

「擬似正義は社会の歪みもたらす」

「【正論】擬似正義は社会の歪みもたらす 現在の価値で歴史を裁断する『政治的公正』を疑う 東京大学名誉教授・平川祐弘」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/171016/clm1710160004-n1.html アンソニー・リーマンは1932年チェコで生まれ…

一日一言「心を入れかえる」

十月十六日 心を入れかえる 天が下した災難は、これに耐えることはできるが、これから逃れることはできない。自分から招いたわざわざいは心にしみわたるが、これをなくすことはできる。自らの決心一つでなくすことができるわざわいをどうして永い間ひきずっ…

The Soul of Japan

私たちの日本の花、すなわち桜は、その美しい粧いの下にとげや毒を隠し持ってはいない。自然のおもむくままにいつでもその生命を棄てる用意がある。その色合いは決して華美とはいいがたく、その淡い香りには飽きることがない。 ── 新渡戸稲造(『武士道』)1…

一日一言「腹を立てるな」

十月十四日 腹を立てるな 人間が腹を立てるにはいろんなわけがあろう。わけもないのに腹を立てるのは馬鹿げたことである。わけがあって腹を立てるのは普通の人がすることで、わけがあっても腹を立てない人こそ、立派なひとである。 いかりをばしづむる時は世…

「尾崎行雄は何を語ったのか」

「【正論】『立憲』の旗を掲げるからには改憲は避けて通れない 埼玉大学名誉教授・長谷川三千子」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/170913/clm1709130008-n1.html 今回の選挙に臨んでは、その名も「立憲民主党」なる新党が登場しました。こ…

一日一言「旅の心得」

十月十二日 旅の心得 元禄二年(西暦一六八八年)の今日、芭蕉(江戸前期の俳人)が亡くなった。彼の諸国をめぐり歩くときの心がまえとして、次のようなものがある。 他の短を挙げて己が長をあらはす事勿れ 人を誇りて己に誇るは甚だいやしき事なり 主(ある…

孤独は、人のふるさとだ。

「『孤独』を感じることは何もおかしくない。みんなそうだから。」(TABI LABO) → http://tabi-labo.com/284277/lonliness-odd 十人十色。みんな個性的で、みんな違うからこそ良いとされています。 でも、それは時に、私たちに孤独感を与えてしまっているの…

中村元

この変転 常ない世の中ではまず自分に頼るべきである自分に頼るということはどういうことであるか自分はこの場合にどうすべきかということをその場合その場合に考えることでしょうその場合 何を判断決定の基準にするのかそれは「人間としての道」「法(のり…

「体育の日」

「【主張】体育の日 本来の意義忘れぬために」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/171008/clm1710080002-n1.html 本来の意義を忘れてはならない日がある。「体育の日」は、その一つであるはずだ。 昭和39(1964)年の10月10日、東…

人生は短いのではない。自分で短くしているのだ

「人生は短いのではない。自分で短くしているのだ」(ライフハッカー) → https://www.lifehacker.jp/2017/10/171005_mid-week-meditations.html 米Lifehackerが人生の役に立つ言葉を紹介するシリーズ「Mid-Week Meditations」へようこそ。ストイックな知恵…

「トンデモ説」に殺されないために...

「『トンデモ説』に殺されないために全員が身につけるべき『武器』 医学のメリットを十分に享受するには」(現代ビジネス) → http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53067 正しく、納得いく判断ができるかひとは誰も健康でありたい、長生きしたいと思う。し…

I Won’t Back Down.

「【ポトマック通信】米国を勇気づけたトム・ペティの歌声」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/171006/clm1710060004-n1.html トム・ペティが急逝した。日本での知名度は今一つだが、米国では1970年代から現在に至るまで数々のヒット曲…

一日一言「知識と実行」

十月五日 知識と実行 知識を得ることは簡単であるが、これを実行することはむずかしい。しかし、細かいところまで知りつくしていなければ、実行してはならない。たとえば、農業のように、土をたがやし、時を間違えずに種をまき、草を刈れば、実ることは誰で…

一日一言「人をばかにしない」

十月四日 人をばかにしない 自信を持つことは立派なことだけど、他人をばかな人間と見て自分だけが賢いと思うことは、自分の考えが足りない証拠である。賢い者はどんな人からも学んで、人をばかにすることはしない。 智恵ありと思へるちゑにさへられて あは…

TOM PETTY (1950-2017)

「追悼、トム・ペティ──薄笑いを浮かべたロックスターは、音楽ヴィデオのイノヴェイターだった」(wired) → https://wired.jp/2017/10/03/rip-tom-petty-video-pioneer/ 米人気ロックミュージシャンのトム・ペティが、2017年10月2日(米国時間)に66歳で亡…

スーチー批判では解決しない

今日の『産経抄』より。 「【産経抄】スーチー批判では解決しない 10月2日」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/171002/clm1710020003-n1.html 「サンケイよ、お前もかと、がっかりしております」。東京都世田谷区に住む河村俊郎さん(9…

“Life In A Northern Town”

初、雪虫。 暗くて寒い冬が来る。 「初雪を知らせる使者!?雪虫の不思議」(Weathernews) https://weathernews.jp/s/topics/201709/280095/ 『北海道に初雪を知らせる小さな妖精「雪虫」って知ってる?』(NAVER まとめ) http://matome.naver.jp/odai/21412…

一日一言「光陰矢の如し」

九月三十日 光陰矢の如し 月日のたちのは早いもので、昨日まで青々していた田んぼも、今日ではすっかり色が変わり山の木の葉も風で散り、まさに秋の景色となった。それにつけても、世は常ならず、この世の流れはさておいても、自分の周りの人々のことでも、…

寅彦先生

今日は歯医者さんの日。 「歯」 話は変わるが、歯は「よわい」と読んで年齢を意味する。アラビア語でも sinn というのは歯を意味しまた年齢をも意味する。「シ」と「シン」と音の似ているのも妙である。とにかく歯は各個人にとってはそれぞれ年齢をはかる一…

科学らしく見えるものの危うさ

「シャリなし寿司は健康的か? 『糖質制限が日本人を救う』への疑問 科学らしく見えるものの危うさ」(現代ビジネス) → http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52704 ほんとうの情報はいったいどこにあるのだろう。一昔前に比べると、情報へのアクセスは格段…

civility・礼節の欠如

「【正論】『加計』批判にみる危うさ 『証拠主義』無視など『礼節の欠如』が日本にも生じている 東洋大学教授・竹中平蔵」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/170921/clm1709210004-n1.html ≪深刻になった「礼節の欠如」≫ アメリカのコミュニ…

八雲忌

日本人ほど、おたがい同志楽しく生きていく秘訣を徹底的にこころえている国民は、よその文明人のなかにもちょっとあるまい。人間の楽しさは、当然自分の周囲の人たちのしあわせにあるのだから、それにはおのれを虚しくして、なにごとも辛抱我慢すること、こ…

悪は「陳腐」である

NHK「100分 de 名著『全体主義の起原』ハンナ・アーレント」「第4回 悪は「陳腐」である」 → http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/69_arendt/index.html#box04 【放送時間】 2017年9月25日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ 【再放送】 2017年9月27日…

一日一言「天を相手にせよ」

九月二十四日 天を相手にせよ 明治十年(西暦一八七七年)の今日、西郷南州翁が城山で戦死した。西郷(隆盛)は「敬天愛人」を貫いたが、それは次の言葉から生まれた。 道は天地自然の道にして、人は之を行ふものなり、故に天を敬するを以て目的となす。天は…

ライダイハン、韓国がベトナムでしてきたこと

20日の『産経抄』より。 「【産経抄】ライダイハン…慰安婦像を建てる韓国がベトナムでしてきたこと 9月20日」(産経新聞) → http://www.sankei.com/column/news/170920/clm1709200003-n1.html 裸の少女が焼き殺されている。すでに殺された別の少女の手首…